スタッフBlog

常滑市・知多市の久野歯科医院スタッフブログです。
定期的に当院からの新たなお知らせや矯正歯科治療の特徴、症例等について更新しております。是非ご覧下さい!

常滑市大野町在住 MA様 犬歯埋伏開窓牽引の治療経過の報告(その11)

歯ならび、不正咬合で、お悩みの方へ
常滑市・知多市の歯科、矯正歯科の久野歯科医院です。

了解をいただきました主に常滑市・知多市のご在住の患者様の
矯正歯科の治療経過を通して処置方針、治療期間、治療費用などをお知らせいたします。

どのように治療が進んでいくのか治療経過の写真を提示して説明してまいります。

歯の頭の部分(歯冠部)にリンガルボタンが接着され、上顎の歯に
装着されている0.16×0.16レクタン(断面が4角)ワイヤーから
高品質のゴム(パワーチェーン)で牽引を継続します。

まだこの時点では犬歯の外形を見ることができず把握が不十分な
状態です。


パワーチェーンにて犬歯の歯冠部の牽引がすすみ
ブラケット(ブレース)が接着できるようになりました。
歯列弓に取り込むように計画します。

まだブラケットポジションは適正の位置ではありません。

0.16×0.16ステンレススチールレクタンワイヤーの主線に
部分的に0.14ラウンドのニッケルチタンワイヤーを重ねるように
装着します(オーバーレイ)

次回は常滑市榎戸町在住のKM様の治療経過を報告する予定です。

愛知県保険医協会の歯科学術研究会に参加する

常滑・知多市の歯科、矯正歯科の久野歯科医院です。

講師:東京歯科大学 解剖学講座主任教授 阿部伸一先生
題目:解剖学の視点から考える有床義歯

保険医協会の学術研究会に参加しました。

阿部伸一教授には、以前に東京歯科大学愛知県同窓会でお招きしての
学術講演会の報告をいたしましたが今回は有床義歯に焦点を絞っての
講演会です。

上顎骨と下顎骨について

骨は筋肉が引っ張っていて負担をかけている。
負担をかけることで代謝が起こり骨が硬く緻密になり内部では負担を逃がすための構造と成っている。

上顎骨と下顎骨の内部構造の違いについて

 下顎骨の経年的な変化が著しい。
 下顎骨は下顎体と下顎枝に分けられ各々の役割り分担をしている。
 歯のある部位は下顎体の部分で歯が抜けていくと大きく変化する部分である。
 下顎枝を引っ張っているのは4大咀嚼筋の咬筋、側頭筋、内側翼突筋、外側翼突筋で、
  下顎体部が大きく変化する。
 下顎体部の1階部分に筋肉が付着し骨に負担をかけている。
 2階部分は歯のための部分で歯槽と呼ばれ歯のための骨(歯槽骨)で歯が抜けると
  この2階部分がなくなっていく。60歳以上になると骨に弾力がなくなり、硬くなって
  下顎の第一大臼歯より後ろの部分は局所麻酔の浸潤麻酔が非常に奏功しずらくなる。

下顎骨、上顎骨とは何か?をもう一度確認できました。

上顎の解剖学の視点からの上顎有床義歯について

上顎骨は骨梁が粗で歯槽突起部だけでなく歯がなくなってくると内側に向かって骨が吸収していきます。
そのために歯がなくなってから残っている顎の土手の一番高い部分(歯槽頂)が内側に移動していきます。

前歯のあった位置にある切歯孔という神経の出口は位置はかわりませんが大きさが大きく変化し、
上あご(口蓋)の部分の神経の出口(大口蓋孔)の周辺の骨の状態は歯があるときとは大きく変化
しているのがわかりました。

歯列弓のコーナーにあたる上顎の犬歯部は臼歯部に比べて経年的な骨の吸収の変化がおおきく、
犬歯部近くに埋入されたインプラントの予後は安定している臼歯部に埋入されたインプラントに
くらべてインプラント周囲炎になりやすい原因のひとつにも成りうるようでした。

上顎の義歯は後縁の位置に注意する。口蓋骨にうらうちされていない口蓋粘膜部には口蓋腺があり
その代表的な開口部が口蓋小窩で後縁の設定の参考になるのは歯科医師であれば誰でもわかっていることです。

口蓋腺は粘液腺で口蓋小窩から多く分泌されています。

高齢者の有床義歯においては顎堤の吸収はもちろんですが、
唾液の分泌量が減少することも十分考慮に入れなければなりません。
唾液の分泌量が減少すると吸着が悪くなるばかりでなく、痛みの大きな原因となります。

唾液の分泌量の減少は全身的にも多方面で
非常に多くの障害をもたらします。

>ドライマウス(口腔乾燥症)とシェーグレン症候群(SjS)について
>ドライマウス(口腔乾燥症)について その2

その他上顎の入れ歯の維持安定に重要な部分としてのハミュラーノッチ部の解説や上顎結節と
筋突起の機能に注意するのは女性で細面の方に多く見られることなどをお話していただきました。

下顎の解剖学の視点からの下顎有床義歯について

下顎骨は舌圧で内側から骨の吸収が始まり、オトガイ部に骨の添加が生じるために
歯がなくなってから残っている顎の土手の一番高い部分(歯槽頂)は外側に移動していきます。

下顎の義歯については、顎堤で加齢的に変化のない部位として
頬棚、外斜線、臼後三角部(いずれも下顎の部位の名称)を示し、
吸着義歯咬んで飲み込むときに陰圧現象が起こることを原理としている。
レトモラルパッド(下顎の臼歯の後方にあるやわらかい類円形の部位)は筋肉の収縮により
閉口すると変形するので、舌と頬の粘膜の間に入れ歯が入り、レトモラルパッドの部位が
上手く閉鎖でき、レトモラルパッドのうごいた形をいかにうまくかたどりできれば
下顎の義歯は吸着する。

下顎の義歯の吸着することを内視鏡を用いた口腔内の動画を使って説明していただきました。

他にも
オトガイ筋が強いと入れ歯が作りにくいこと。
顎舌骨筋の走行に注意して顎舌骨筋窩に入れ歯の床縁をいれること。
舌の下の粘膜は角化していないので刺激に弱く傷つきやすい。
舌下腺には成分としてムチンが含まれていてムチンが食物にとろみを付けてくれて
飲み込みやすくしている、ここでも唾液の分泌は重要な役割りをしている。

などの注意点をおはなしいただきました。

 下顎骨の吸収がひどくなると小臼歯部にある神経血管の出口(オトガイ孔)が
  顎堤部の上方に位置してきて下顎の義歯の難症例になる。

 神経の圧迫による痛みは治るのに時間がかかる。

 呼吸、嚥下、咀嚼は脳がかかわっているので義歯を新製して数日は脳のトレーニング期間として
  最初はゆっくりなれることに重点を置いたほうが良いこと。

などに注意して患者様に伝える力を養うことの大切さもご教示いただきました。

解剖学という基礎の教授にもかかわらず臨床的な注意にまで言及され、
阿部先生の臨床に対する考えの深さを感じられました。

矯正歯科治療の場合でもワイヤー装置を装着した際には口腔内の咀嚼や発音などのリズムが変わり
頬の粘膜や舌をが傷つくこともございますが、やはり数日で慣れていきます。

筋肉のトレーニングの重要性についてとその方法

 口の周りの筋肉、舌の筋肉についても身体の筋肉と同様にトレーニングを行なうことが大切である。
 頭頚部の筋肉も良く動かすことが大切である。
 筋肉にはさぼり癖があるので毎日の習慣として取り入れる必要のあること。
 ペットボトルを利用した顔面のトレーニングは高齢者にも有効である。
  頬筋の力の強弱により義歯床縁の厚みがちがってくる。
 入れ歯の床縁の厚みは体の筋肉と同様に部位の応じた筋トレでうすくすることができる。
 舌の位置の確認を行い食物を奥に送り込むように意識する。
 飲み込むときに舌が上あごに張り付いていることを確認する。舌を持ち上げることを意識する。
 唇(赤唇部)を中に入れて口の周辺を膨らめる

などの具体的な方法を提示していただきました。

今回も有床義歯臨床に役立つ基礎となる口腔解剖学についての講演会は
非常に参考になり、勉強になりました。

歯の外傷、急性炎症など緊急を要する場合もそうですが、対象部位の解剖・組織学的な構造を十分に
知ることは治療に臨むに当たり、精神的な余裕を生み出しより良い治療効果を実現できると思っています。

常滑市・知多市の歯科、矯正歯科
久野歯科医院 院長

無痛治療・痛くない治療
T4Kトレーナー・マイオブレイスについて
審美矯正について
久野歯科医院 特別コラム「矯正歯科治療は何故行うべきなのか?」〜矯正歯科治療をご検討されている方へ〜
サイトマップ

〒479-0863
愛知県常滑市西之口1丁目74

休診日:毎週木曜・日曜・祝祭日
駐車場10台分有り

アクセスマップ

ページ
最上部へ
TOP
PAGE
無料
メール
相談