定期健診の大切さについて

定期健診・メインテナンスをすることで、むし歯や歯周病の予防を行いつつ今までのむし歯や歯周病の悪循環を断ち切ることが大切です。

定期検診・メインテナンスですること

1:むし歯や歯周病がないか 進行していないかを検査(歯周基本検査) 2:口腔粘膜の検診(口腔がんの検診) 3:顎関節の検査(必要に応じて) 4:矯正装置(リテーナー)の装着継続の確認、破損の有無 5:歯に付いた歯垢(プラーク)の除去、歯石の除去 6:PMCT(プロフェッショナルメカニカルツースクリーニング) 7:ステインの除去 8:適切な歯ブラシの選択やブラッシング指導を行う 9:フッ素塗布によるむし歯(歯と歯の隙間や歯の根元)の予防 10:歯に関する相談など

定期検診・メインテナンスをすると…

むし歯や歯周病の原因となっている歯垢を除去して、むし歯や歯周病を予防します。

メインテナンスの目的はむし歯や歯周病の予防であり、むし歯の早期発見、早期治療ではありません。
むし歯になったり歯周病が進行したりしてからでは治療費用も多くかかり、治療範囲が拡大し、
治療期間が長くなります。そうならないための定期健診・メインテナンスなのです。

成人を対象とした歯周病予防の調査により、定期的に歯石除去・PMCTなどを受けると、
受けなかった場合に比べ、5年間で1本以上の歯の喪失防止につながることがわかっています。
歯石や歯垢を一度取り、PMCTを受けていただいた方はわかると思いますが、
取った後の歯はきれいで爽快な気分になれます。あなたは美容院や床屋さんに年に何回行きますか?
そのときの費用はどのくらいでしょうか?

定期検診・メインテナンスを受ける時期

定期検診・メインテナンスを受ける時期は、3ヶ月から6ヶ月が一般的です。
乳歯のむし歯の進行をおさえるためには3ヶ月毎の来院となります。
歯周病で何度も腫れを繰り返している人は
短い間隔でメインテナンスをしなければ進行を阻止することができません。

定期健診、メインテナンスをすることで、歯周病、う蝕(むし歯)を
予防し健康なお口のなかを維持することができます。

多発性カリエスの子供も、ブラッシング指導、フッ化物の応用、
食事指導などを行いカリエスの進行を止め、
しっかり歯科医院で管理すれば、カリエスフリー(むし歯ゼロ)の
永久歯列を育成することは十分可能です。

多発性カリエスの小児の口腔内
当院へ来院、初診時の写真です
  管理して永久歯への交換が完了した口腔内

もちろん、カリエスフリーの健全な乳歯の子供も
継続して管理・指導を適正に行なえばカリエスフリーの永久歯列の育成ができます。

ノンカリエスの小児の口腔内
3歳6ヶ月時の写真です
  18年間定期健診を続け、ノンカリエスの口腔内

子供のお口の健康を維持するには家庭での保護者様のご協力が必要です。
家庭での保護者様の仕上げ磨きは必ず行ってあげてください。

いつまで仕上げ磨きを行うのか、歯科医院、歯科医師、歯科衛生士で見解がちがい、
さまざまです。

常滑・知多の久野歯科医院では少なくとも第二大臼歯が
完全に萌出するまでは仕上げ磨きを継続していただきたいと思います。

就寝前、もう食べ物、あまい飲み物がお口のなかに入らない状態で
プラウト(オーラルケア社)のようなワンタフトブラシで
一歯、一歯丁寧に磨いてください。
レノビ−ゴ(ゾンネボード製薬)のような低濃度(100ppm)の
フッ素スプレーも仕上げ磨きの後、使用するのもいいでしょう。
むし歯のできやすい前歯の隙間や第1乳臼歯と第2乳臼歯の間に
糸ようじを使ったフロッシングも行うと効果的です。

屈託のない、悩みなき、すばらしい貴方の笑顔、
健康で美しい口元、歯ならびと楽しい会話は豊かな人生を彩ります。
健康な体を獲得し維持するためにはお口の健康から始まります。
常滑市・知多市の久野歯科医院は貴方が健康になるお手伝いをいたします。

無痛治療・痛くない治療
T4Kトレーナー・マイオブレイスについて
審美矯正について
久野歯科医院 特別コラム「矯正歯科治療は何故行うべきなのか?」〜矯正歯科治療をご検討されている方へ〜
サイトマップ

〒479-0863
愛知県常滑市西之口1丁目74

休診日:毎週木曜・日曜・祝祭日
駐車場10台分有り

アクセスマップ

ページ
最上部へ
TOP
PAGE
無料
メール
相談