常滑の矯正歯科 久野歯科医院 ≫ 久野歯科医院コラム

久野歯科医院コラム

貴方はご自分の笑顔に自信がありますか?

歯ならび、不正咬合で、お悩みの方へ
常滑市・知多市の歯科、矯正歯科の久野歯科医院です。

或る調査によりますと自分の歯に自信があると答えたアメリカ人は85%、かたや日本人は29%でした。

また別の調査では自分の笑顔に自信がないと答えた20〜40代の女性は75.5%にものぼりました。

笑顔に自信のない理由
「歯並びが悪い」34.4%
「歯の色が悪い」27.4%
「口の中を見せたくない」26%

と、なんと自分の笑顔に自信のない理由の9割ちかくがお口のことに関係していました。

それなら笑顔に自信を持ち、
魅力的になるには歯科に出番がありそうです。

歯並びが悪い
矯正歯科で治療する

八重歯、乱杭歯だけでなく上顎前突(出っ歯)の改善にも矯正歯科治療がおおきく役に立ちます。

上顎前突(出っ歯)の場合には口を十分に閉じることができず、無理に口を閉じれば口元に異常な緊張を招き、舌唇と下顎の間にしわ(俗に言う梅干)が寄ってできてしまいます。

笑うと歯茎が多く見えてしまい、おもわず手で口元を隠してしまうことでしょう。
コンプレックスを隠すそのしぐさはマイナスに働くことも多く存在します。

また口元を隠して話すのはよからぬことを画策しているようにも思われてしまいます。

このような心理的な影響はもちろん、口呼吸はさけられずドライマウスとなり、唾液の分泌を減少させ、口臭の発生にも関係して歯周病を悪化させます。このマイナスのサイクルによってさらにイメージがダウンしてしまいます。

審美歯科で治療する

八重歯では奥に入り込んでいる側切歯を抜歯してブリッジタイプの歯冠修復を行なったり、叢生・乱杭歯では多くの歯を削って歯冠修復して歯並びと歯の色を同時に改善することが可能です。

しかし根本的な歯の位置は変えられないので適応範囲は限られ、歯を削っての治療となりますので、担当する歯科医師と高い信頼関係が確立できて十分なコンサルテーションが行なわれてはじめて治療されることをおすすめします。

歯並びが悪いのは矯正歯科治療で問題を解決することが第一選択となるでしょう。

歯の色が悪い
ブラッシングによるオーラルセルフケアと矯正歯科で歯の色を改善する

歯磨剤を使用してのオーラルセルフケアが第一ですが、歯並びが悪くでこぼこしていると、歯ブラシの毛先が汚れている歯に届かないことになり、汚れが蓄積してきます。

定期的なプロフェッショナルケアが必要になってきます。

矯正歯科治療で歯並びを改善すれば歯ブラシの毛先がすべての歯にまんべんなく届き効率よく、ブラッシングの上手い下手なく汚れをきれいに落とせます。

ホワイトニングと矯正歯科で歯の色を改善する

歯の色自体が原因の場合はホワイトニングが適応になるでしょう。

ホワイトニングにはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングがあり、それぞれに長所と短所があります。
両者を組み合わせてホワイトニングを行う場合もあります。
アソアライナーでの矯正歯科治療ではホワイトニングの併用が可能です。
一般的な動的矯正歯科治療が終了後保定期間を利用したホワイトニングも可能です。
歯科医師の指示に従い、ただしく使用しましょう。
ホワイトニングは歯の白さを長期に維持するためには定期的なメインテナンスが必要です。

審美歯科で歯冠修復して歯の色を改善する

テトラサイクリンによる変色やエナメル質形成不全(エナメル質減形成)などで歯の色の悪い原因が深在性にある場合は審美歯科の技術のラミネートベニアにて表側のエナメル質の1層切削し歯冠修復して歯の色を改善するか、歯の歯冠部全体を切削し歯冠修復して歯の色を改善します。

歯の色の悪いのを改善するにはクリーニングとホワイトニングが第一選択となるでしょう。

口の中を見せたくない
審美歯科で歯冠修復して改善する

お口の中には以前にむし歯にかかり、治療した金属による修復物による治療痕があると、お口の中が黒く見える場合があります。

一般にシルバー色の金属による修復物はお口の中で黒く見えてしまいます。
審美修復を行ない白い色の樹脂系、セラミック系のものに変更すればお口の中が明るく見え、自然観が増します。
最近では金属アレルギーの問題も見逃すことはできません。
樹脂系のものには吸水性の問題やレジンアレルギー、セラミック系のものでは耐摩耗性の問題などがありますが、お口の中はあかるくなります。

予防が大切

歯の病気への対処の仕方はアメリカでは予防に重点が置かれ、日本では治療に重点が置かれています。

医療保険の制度の違いがあるため簡単には比較できませんが、むし歯のないように努めることは歯の治療痕がお口の中にないので健康度が増します。

歯の健康にお金をかける程度もアメリカでは87%、
日本では43%となっており予防に対する意識も大きく違うようです。

むし歯や歯周病、そのほかの全身疾患、生活習慣病にたいしても予防に勝る治療はありません。

笑顔は周りの人を幸せにする力があります

貴方の笑顔はきっと周りの雰囲気を和ませ、
幸福へと導く糧となるでしょう。

春は、入学、進学、就職など新たにスタートする時期です。
矯正歯科治療を開始するにもとてもよい時期です。

少しの勇気と決断をもって、美しく健康なお口を自分のものにするために矯正歯科治療を始めてみませんか?

関連記事: 八重歯・乱杭歯
上顎前突(出っ歯)治療
審美歯科・ホワイトニング
あどけなさの残る八重歯・乱杭歯から知的で美しい歯並びへ

常滑市・知多市の歯科、矯正歯科
久野歯科医院 院長

無痛治療・痛くない治療
T4Kトレーナー・マイオブレイスについて
審美矯正について
久野歯科医院 特別コラム「矯正歯科治療は何故行うべきなのか?」〜矯正歯科治療をご検討されている方へ〜
サイトマップ

〒479-0863
愛知県常滑市西之口1丁目74

休診日:毎週木曜・日曜・祝祭日
駐車場10台分有り

アクセスマップ

ページ
最上部へ
TOP
PAGE
無料
メール
相談