常滑の矯正歯科 久野歯科医院 ≫ 八重歯・乱杭歯

八重歯・乱杭歯

八重歯(犬歯低位唇側転位)、乱杭歯(叢生)について

犬歯低位唇側転位(八重歯)とは

犬歯低位唇側転位とは
乳歯列から永久歯列に歯が交換し生えてくるときに
前歯の萌出する余地がないために正しい歯列より外側(唇側)に、
かみ合わせの位置に達していない(低位)状態にある
犬歯のことをいいます。俗に言う八重歯のことです。

右の写真は永久歯列完成の直前の写真です。
永久歯列が完成しますと八重歯になることが
非常に高い確率で予想されます。

手元にある資料では八重歯は不正咬合の36%を占め、
10代の八重歯の出現率は10.32%で10人にひとりの割合であるとの報告があります。

軟らかい食品、料理が好まれている現在においてもこの傾向に変わりはないと思われます。

主な八重歯・叢生の原因

(1)乳臼歯の早期喪失による犬歯の萌出スペースの不足
(2)顎の大きさと歯の大きさの不調和(ディスクレパンシ−)
(3)日本人の顎は奥行きが短く上顎では生えてくる順序が第1小臼歯、第2小臼歯の方が
   犬歯より早いのでスペースの不足のしわ寄せを受けやすい

八重歯・叢生の障害

(1)ブラッシングが不十分となりがちでむし歯や歯周病になりやすい
(2)ブラッシングが不十分となりがちで口臭が発生しやすくなる
(3)衝突による口唇粘膜部の裂傷
(4)会話・談笑時に唇がさわる(ひっかかる)

八重歯・叢生の治療

八重歯のある歯ならびは全体的に狭く、叢生状態にあるために
歯を移動させるスペースが不足しがちで、歯を抜いて(抜歯症例)
矯正歯科治療を行うことが多くあります。
右の写真は八重歯の永久歯列の正面観です。

歯をなくす原因の多くはむし歯と歯周病です。
八重歯の高齢者、8020達成者は皆無です。
歯ならびは見た目の美しさだけではなく、
口腔内や身体全体の健康にも大きく関わっています。

ここに興味深い報告があります。
日本に住む外国人を対象に行った調査によると、多くの外国人が、
日本人の歯並びが悪いと感じていることがわかりました。

また、日本、アメリカ、中国の一般男女を対象に行った比較調査では、
海外の矯正治療に対する前向きなイメージとは対照的に、
日本では矯正治療の見た目に抵抗感が強い人が多いという結果が表れました。

最近では歯ならびの重要性については日本でも高い認識があるようにおもわれますが、
矯正装置を付けることに心理的な抵抗があったり、目立たない装置を求めたり、という傾向が目立ちます。
その一方で、現在の矯正治療で用いられている「舌側矯正(リンガル)」や「透明マウスピース矯正」などの
目立たない装置は、日本では海外に比べてあまり浸透していないこともわかりました。

「日本人は歯ならびがよい」と回答した人は最も少なく、
多くの外国人が日本人の歯並びの悪さを意識しています。

歯ならびの重要性については、海外と同様の認識の高さが伺われます。
身体全体の健康に影響することに関しても、認識が高いようです。

日本人は海外とは対照的に矯正治療にはネガティブ。
ポジティブな海外と正反対の傾向が見られます。

日本では海外に比べて目立たない矯正治療が浸透していません。
「舌側矯正(リンガル)」「マウスピ−ス矯正」の日本の認知度は低くなっています。

日本では歯科医への相談すらも一般的に行なわれていない実態が明らかに。
矯正治療率・治療の意向ともに低い状態です。

矯正治療は自費診療がほとんどで、日本は一般的な歯科治療は国民皆保険で可能です。
いろいろな格差はアメリカ、中国ほどありません。
調査対象が各国でちがうので簡単には比較できないとは思います。
しかしこの大きな違いはどこからくるのでしょうか。

欧米では八重歯のことを「吸血鬼の牙」「バンパイア」「狼男」として不吉の象徴です。
中国では「虎の牙」といい、縁起の悪いものとされています。
古くは日本でも「鬼歯」といわれ、忌み嫌う地域もありました。

日本では八重歯を「かわいい」と感じ、最近では「付け八重歯」なるものまであります。
生け花のアンシンメトリィー、不均衡(アンバランス)、不調和の中に美しさを見出すのは
日本人独特の繊細さや美意識に通じるのかもしれませんが、
八重歯、叢生に関してはグローバルな現在の世界にはあまり通用しないことも事実なのです。

今では「かわいい」はグローバルスタンダードでも、
今でも「八重歯」はグローバルスタンダードではないのです。

欧米の風刺画では日本人のイメージは背が低く眼鏡をかけ、出っ歯で首にはカメラをかけています。

テレビのスポ−ツ中継で外国の陸上競技の選手やテニスの選手、
体操の選手、フィギュアスケートの選手にも歯科矯正治療中の
ブレースをつけている選手が時々みうけられます。
セレブの仲間入りの準備でしょうか。
彼らは矯正治療中なのを隠そうとしていません。
むしろ矯正治療中でブレースを付けている事を
誇らしく思っているようにさえみえます。

飛行機など交通機関の進歩により
外国との関係も身近なものになってきました。
場合によっては歯ならびが将来さえ左右する要因にもなります。

「おおきくなったら恵まれた身長を生かしてファッションモデルになってパリコレにでるのが目標です」
−八重歯や叢生では選考で落とされます。

「英国に留学してその後、語学能力を生かして現地で就職して日本と行き来したい」
−八重歯や叢生では就職は難しいと思います。

「商社に就職し、外国人と商談したい」
−八重歯では欧米での商談は成立しないかもしれません。
 教育、知的レベルを歯ならびで判断されてしまうこともあるようです。

「外資系の会社に就職したい」
−歯ならびで就職できないかもしれません。

「フィギュアスケートで真央ちゃんのようになって、いつかメダルをとれたらいいな」
−八重歯では技術点はトップでも総合点でメダルが取れないかもしれません。

矯正歯科治療は治療の結果、
得られた正しいかみ合わせや美しい歯ならびは当然の事ながら、
あなたのからだの一部として取り込まれ機能します。
人工物で治療する審美歯科治療とは大きく違うのです。

八重歯では中切歯と犬歯の間に側切歯が入り込み、
プラークコントロールのセルフケアが困難となり、
口臭が発生しやすくなります。
素敵な出会いが口臭により台無しになってしまうかもしれません。

歯ならびが整うことでブラッシングが容易になりむし歯、歯周病、
口臭の発生を予防できます。
右の写真は正常な歯列の正面観です。

屈託のない、悩みなき、すばらしい貴方の笑顔
健康で美しい口元、歯ならびと楽しい会話は豊かな人生を彩ります。
久野歯科医院は矯正歯科治療であなたの夢をかなえるお手伝いをいたします。

常滑市・知多市の久野歯科医院は矯正歯科治療の相談料、診断料は無料です。
お支払い方法について分割等、相談もいたします。
お気軽にお電話してください。
お待ちしております。

無痛治療・痛くない治療
T4Kトレーナー・マイオブレイスについて
審美矯正について
久野歯科医院 特別コラム「矯正歯科治療は何故行うべきなのか?」〜矯正歯科治療をご検討されている方へ〜
サイトマップ

〒479-0863
愛知県常滑市西之口1丁目74

休診日:毎週木曜・日曜・祝祭日
駐車場10台分有り

アクセスマップ

ページ
最上部へ
TOP
PAGE
無料
メール
相談