常滑の矯正歯科 久野歯科医院 ≫ 久野歯科医院コラム

久野歯科医院コラム

知覚過敏とtooth wearについて

常滑市・知多市の歯医者、久野歯科医院です。
皆様に役に立つ歯科の情報をお伝えします。

 

知覚過敏症とは

正式には象牙質知覚過敏症といいます。
特にむし歯になっているわけでもないのに冷たい水を飲んだときに
「ピリッ」「ツーン」とくるあの痛みです。

ほかにも歯みがき、甘いもの、果物などで痛むことがあります。
時には駆け足をしているときに痛みを感じることもあります。

知覚過敏の原因について
知覚過敏症の原因はいろいろな事が考えられています。

加齢とともに歯ぐきがさがってきたり(歯肉退縮)、歯磨きの横磨きが強かったり、
歯磨きの方法や歯ブラシの選択に誤りがあって歯と歯ぐきの間のエナメル質が減ってしまったり、

咬む力のコントロールが不十分でアブフラクションによって歯頚部に
楔状欠損ができたり
して知覚過敏が起こります。

歯周病が原因で骨が吸収して、
歯ぐきが下がり歯が伸びたように見えてきて知覚過敏
がおこります。


刺激のあるものを口にしたときに、刺激物が象牙細管(象牙質にある細い管)を
通って歯髄(神経)に伝わります。
象牙細管は本来、口の中に入ったものを歯髄に伝えられるほど太い管ではありません。
しかし何らかの理由で広がり、口の中で露出してしまった場合に
このような「ピリッ」「ツーン」とくるあの痛みが起こります。



知覚過敏の治療について

次のことを家でためしてみましょう。

● 唾液の分泌を促進させましょう。
● 唾液腺のマッサージや体操も有効です。

唾液の中のカルシウムやリン酸などは象牙質をかたくします。
しかし、レモンなどのすっぱいもので唾液の分泌を助けることはやめましょう。
酸蝕や脱灰につながる可能性が残ります。

● 知覚過敏用の歯みがき剤を使用してみましょう。

歯みがき剤の薬用成分(硝酸カリウム)のカリウムイオンがバリアとなります。
フッ化物添加のデンタルジェルや洗口剤を使用してみましょう。
歯の表面のミネラルと結びつき歯を硬くします。

歯科医院での治療

治療法には、下記のように色々あるのですが決め手になるものはありません。
知覚過敏症は様々な要因から発症します。
歯科医師に相談してその要因を十分に理解し、適切な治療がおこなえるように心がけましょう。

知覚過敏の薬を塗ります

何度か薬を塗って様子をみます。回数を重ねることにより知覚過敏の程度が軽減されます。
コーティング剤で刺激を遮断します。

咬みあわせを調整します。

咬合紙やシリコン系の材料を利用して
咬みあわせで強く当たっているところがないかチェックします。

強くあたっているところがあればアブフラクションの初期の可能性もあるので
慎重に用心深く咬みあわせを調整します。
咬み合わせの調整は繊細に行ないます。
数的にも量的にも多くの歯を削ることは絶対に慎まなければなりません。

プラスチックを詰める

実質欠損の大きい場合にはプラスチックで修復します。
外部からの刺激をしっかり遮断できるので知覚過敏が消失することが多いです。
これに加えてブラキシズムなどによりアブフラクションが著しい場合には
マウスピースの使用も検討しなければなりません。
マウスピースが使用できればマウスピースの中に
ミネラル成分を入れて知覚過敏を軽減させることも可能です。

歯髄(神経)を除去する

熱いものがしみたり、痛みが長い時間つづき日常生活にも支障のあるときや
中等度以上の歯周病が原因であるときは歯髄を除去することも考慮しなければならないときがあります。

Tooth wearについて
tooth wearとはむし歯ではないのに歯がとけたり、欠けたりする疾患でむし歯、歯周病に次ぐ第三の歯科疾患といわれています。

wearには「すりきれる、磨滅する、次第になくなる」などの意味があり、
欧米では研究が盛んなのですが日本語にこれに当たる言葉がなく、
そのままツースウエアとよばれています。

細菌が関与していないことが第一義的条件となりますが
現実的にはむし歯、歯周病が混在している状態が多くみられます。
tooth wearは次のようにいくつかに分類されます。

● 咬耗: 歯と歯が接触して磨り減っていく。

● 磨耗:歯の接触以外の磨り減り。歯ブラシの毛先の圧力、歯みがき剤の影響によるもの。

● 酸蝕:お口の中が食品などにより酸性に傾いて歯が溶ける(脱灰する)。

● アブフラクション:
歯ぎしり(グラインディング)や強いかみしめ(クレンチング)などの異常な
咬合力(バイオメカニカルフォース)などの荷重がかかると
歯と歯ぐきの境目の部位がV字型にかける(楔状欠損)。

この4つの要因が絡み合うことでtooth wearが発現します。

特にアブフラクションはTCH、ブラキシズムなどにも関係していて
力のコントロールが必要になることも多くみられます。
単なる楔状欠損の修復だけでは解決しない場合も多くみられます。

柑橘系の清涼飲料水、炭酸・乳酸を多く含んだ清涼飲料水、お酢などの
酸性度の高い飲食物は歯をダイレクトに溶かします。
お口の中が長く酸性を保たないように酸性度を低くすることも必要になってきます。
逆流性食道炎や拒食症で嘔吐を繰り返すようだと胃酸により歯が脱灰します。
ストレスの緩和には交流分析、自律訓練、行動療法が有効です。

tooth wearは中年以後からよく発現し、メンタルヘルスの影響や、
ライフスタイルの変化なども見逃せない要因になってきます。
早期に発見して咬む力のコントロールができるように定期健診、
メインテナンスの中で管理させていただくことが少しでも進行をとめる手段として有効です。

下の写真はtooth wearの患者様の口腔内の写真です。

無痛治療・痛くない治療
T4Kトレーナー・マイオブレイスについて
審美矯正について
久野歯科医院 特別コラム「矯正歯科治療は何故行うべきなのか?」〜矯正歯科治療をご検討されている方へ〜
サイトマップ

〒479-0863
愛知県常滑市西之口1丁目74

休診日:毎週木曜・日曜・祝祭日
駐車場10台分有り

アクセスマップ

ページ
最上部へ
TOP
PAGE
無料
メール
相談