常滑の矯正歯科 久野歯科医院 ≫ 保定について

保定について

保定とは

■矯正治療によって適正な位置に移動させた歯と顎を
適正な状態に保持することをいいます。

保定は矯正治療のなかでとても大切な治療のひとつです。
動的治療により、美しく、機能的にもしっかりとした
かみ合わせが得られた歯ならびを長く維持するために
保定はとても重要な治療項目です。

動的治療(ブラケット・ワイヤーなどを使用しての治療)を
第1の治療、保定を第2の治療ということもあります。

保定は矯正治療の最終の処置で、保定の結果の良し悪しが
矯正治療の成否を決めるといっても言い過ぎではないように思います。

保定の種類について

■自然的保定と器械的保定の2つに分けられます。

自然的保定

動的治療で得られた自然の力で保持することをいいます。

自然の保定力には

筋肉の機能回復、咬合、歯周組織などがあげられます。
動的治療で得られた新しく適正な咬合状態は
しばらく自然の保定力が身につくまで不安定な状態がつづきます。
自然的保定が確立するまでは器械的保定が必要となってきます。

器械的保定

自然的保定の条件が十分得られない時やその条件が得られるまで
器械的な装置をお口の中に装着して保定をすることをいいます。
装着する装置のことを保定装置(リテーナー)といいます。

 

リテーナーについて

リテーナーとは

主に動的治療が終了して
保定期間に移行した時に使用する装置です。
 

リテーナーの働き

ブラケットを除去して動的治療が終了後に歯の周りの骨や改善された歯ならび、
かみ合わせの安定をはかります。(保定) 後戻りを防止します。
少しの隙間はリテーナーで閉じることも可能です。

リテーナーの種類

取り外しのできるタイプ(プレートタイプ)と
固定式・取り外しのできないタイプ(フィックスタイプ)があります。

 
 
ベッグのリテーナー   フィックスリテーナー
取り外しのできるタイプ(プレートタイプ)

維持装置(顎から外れにくくする装置)の種類により色々なリテーナーがあります。
久野歯科医院ではベッグタイプのリテーナーを使用することが多いです。
長所:取り外しができるのでお口の手入れが簡単にできます。
短所:異物感を感じる方がいらっしゃいます。
いずれにしましてもマウスピースによる矯正治療と同様に患者様の意思に左右されます。

固定式・取り外しのできないタイプ(フィックスタイプ)

非抜歯症例では犬歯から犬歯まで、抜歯症例では小臼歯から小臼歯まで
細いツイストワイヤーを歯の裏側の形態にあわせて接着力の強い接着剤で固定するものです。
長所:異物感が少ないです。
短所:歯と歯の間の清掃がしにくく歯石が付きやすい場合があります。

リテーナー(プレートタイプ)の取り扱いについて

一般的に装着期間はブラケット除去後2年〜3年です。
保定期間は患者様の症状によりちがいます。

異物感を感じることがありますが、指示通り装着しましょう。
リテーナーを装着しないでいると後戻りを引き起こし、再治療になることがあります。
後戻りとは抜歯をして治療した方は隙間が生じたり、
非抜歯で治療した方は再び叢生になる可能性があります。

装着する時には装着前にブラッシングをしっかり行ってください。
歯と歯ぐきの境目にたべかすやプラークが付着したままだと
リテーナーと歯面のあいだにむし歯を誘発する可能性が高まります。

リテーナーもきれいに洗浄してください。
ワイヤーを除く本体部分はプラスチックでできています。
プラスチックは唾液、水分を吸水し、いやな臭いを発生させます。
必要に応じてリテーナー専用の洗浄剤もございます。

激しい運動時ははずしてください。
水泳ではプール内で紛失する可能性がございます。
激しい運動時には破損する可能性もございます。

リテーナーは専用のケースで保管してください。
リテーナーはお口に装着していない時は必ず専用のケースで保管してください。
保管場所を決めておかないと紛失や破損の頻度を高めてしまいます。
ペット(犬)はリテーナーが大好きです。
犬にかじられて破損することもございます。
ケースにリテーナーのない時はリテーナーはお口の中に装着されているようにしてください。

リテーナーは定期健診時に適合などをチェックします。

 

無痛治療・痛くない治療
T4Kトレーナー・マイオブレイスについて
審美矯正について
久野歯科医院 特別コラム「矯正歯科治療は何故行うべきなのか?」〜矯正歯科治療をご検討されている方へ〜
サイトマップ

〒479-0863
愛知県常滑市西之口1丁目74

休診日:毎週木曜・日曜・祝祭日
駐車場10台分有り

アクセスマップ

ページ
最上部へ
TOP
PAGE
無料
メール
相談