一般歯科

◇歯科医師会が提唱をしている「8020運動」について

80歳で自身の歯を20本保つことを目指し、むし歯治療、歯周病の治療からブラッシング指導まで当院は行っております。

年々増加しており、成人の約80%が歯周病・歯周病予備軍とまで
言われている歯周病については特にホームケアが大切です。
その方法の指導や定期的なケアをいたします。
また歯が抜けてしまったり、抜歯して、噛めなくなり審美的にも
劣ってしまわれたらブリッジや義歯で補う等の治療を行っています。

普段のお食事の際に痛みが無く、しっかりとご自身の歯で
噛んで食べられることが心身ともに長く健康でいられることへと
繋がっていくと考えます。

歯を削るよりも、自然の歯を守りたい。 ご自身の歯だからこそ「痛くなり始めてからの治療」ではなく、「予防のため」に歯科医院へ

一般歯科とは、虫歯治療をはじめ歯周病予防、歯槽膿漏の治療、
歯の欠損部を補う治療を主とした歯科診療のことです。

久野歯科医院ではレントゲン撮影をしたり、口腔内カメラを使用し、
患者様の歯の健康状態や治療方針などについて丁寧にご説明をいたします。
また治療を行う際は、十分に今後の治療内容についてご理解をいただいた上、治療を進めていきます。

虫歯や歯周病の進行を防ぐには、日々の適切な歯みがきが重要です。当院では虫歯になりにくくするための歯みがき方法を含め、予防についての指導も行っております。

虫歯の段階症状と治療内容について

虫歯は進行状態により、下記の段階へ分けられます。

C0:歯の表面のエナメル質が酸により白く濁った状態で
見た目的にもほとんど分かりにくい、むし歯初期の段階です。

この段階の時は歯をしっかりと磨いたり、フッ素等の応用により
虫歯の進行を防ぎ、健康な元の状態に戻すことができます。
C1:初期のむし歯の段階です。
むし歯になるとエナメル質に含まれるカルシウム・リン等が溶け出し、
白い斑点に見えます。この時もまだ自覚症状はほぼない状態です。
C2:エナメル質を越え象牙質まで進行したむし歯の状態です。
象牙細管という管に沿いむし歯が進行し、
冷たい物でしみる場合があります。
一過性の痛みで、刺激により痛みがあります。
C3:象牙細管の中を細菌が進行、 神経まで感染が及んだ状態です。
神経内の血管が充血し炎症が起き、冷たい物でとてもしみます。
また、何も食べなくてもズキズキと痛みがあります。
C4:歯の頭がほとんどが崩壊し、根のみが残った状態で、
神経に細菌が感染して腐った状態です。

根から周囲組織に細菌が進行し、炎症を起こします。
歯を支える骨も破壊され、腫れて痛みが起き、歯を抜くこともあります。

虫歯治療・予防のポイント

C3・C4の状態まで虫歯が進むと強い痛みがあり、治療も大がかりとなるため、事前の予防とできるだけ早期の治療が大切です。

少しでも歯がしみる等の症状がある場合にはご来院下さい。
また、早期虫歯の発見のためにも定期的な検診をお勧めいたします。

予防歯科について

予防歯科は虫歯・歯周病等の予防のみと考えられがちですが、歯が疾患しないようにするだけでなく症状に応じた処置も含めて口腔内全体の健康を増進するといった目的もあります。

虫歯予防の基本は適切な歯みがきで、虫歯の原因となる歯垢を
シッカリと除去することが大切です。

また歯垢が付きやすく、歯みがきがしづらい奥歯等も
意識的に丁寧にブラッシングを行う必要があります。
当院では通常の歯みがきでは磨きにくい部分への歯間ブラシ・
デンタルフロスといった補助器具を使用した予防もお勧めいたします。

歯科医院での定期的な検診について

毎日のご自宅での歯みがきと共に歯科医院での定期的な検診も重要です。
自分では気が付かないお口の中の検診を歯科医院にて行う事により、
虫歯や歯周病等の早期発見と治療ができます。

定期検診では歯ぐきの状態の確認から歯磨きのチェック、虫歯・歯周病についてのチェック、
歯垢や歯石の除去、口腔内の清掃を丁寧に行います。

長くいつまでも快適に、ご自身の歯でお食事ができますよう定期検診による予防を心がけましょう。

無痛治療・痛くない治療
T4Kトレーナー・マイオブレイスについて
審美矯正について
久野歯科医院 特別コラム「矯正歯科治療は何故行うべきなのか?」〜矯正歯科治療をご検討されている方へ〜
サイトマップ

〒479-0863
愛知県常滑市西之口1丁目74

休診日:毎週木曜・日曜・祝祭日
駐車場10台分有り

アクセスマップ

ページ
最上部へ
TOP
PAGE
無料
メール
相談