T4Kトレーナー・マイオブレイスについて

常滑の矯正歯科 久野歯科医院 ≫ T4Kトレーナー・マイオブレイス

お子様の不正咬合でお悩みのお母様へ

まちがった舌の位置(低位舌や舌の突出)や口呼吸のような筋機能癖は
歯ならびや顎の成長・発育に大きく影響をあたえます。

口呼吸や舌を前に出して(舌の突出)飲み込む癖(異常嚥下癖)を
治療しないでそのままにしておくと、顔の成長・発育や
歯列の成長・発達の妨げとなります。

口呼吸とは口元のしまりがなく、口での呼吸が続いていることをいいます。
今、日本人の半数が、小学生以下では8割近くが口呼吸といわれています。

小児期(混合歯列期:6歳〜12歳)の矯正治療の主な治療対象となるのは
各々の歯の治療ではなく骨格(skeletal)・機能(function)・習癖(habit)です。

また、口呼吸から鼻呼吸に改善することは当コラムでもお知らせしているように
歯ならびだけでなく健康面においても大きなメリットがあります。

 ≪T4Kトレーナーの3つの特徴≫

1:乳歯列から治療することが可能!
2:取り外し可能で、お口に優しい柔らかい素材のマウスピース型 矯正装置!
3:健康増進効果があり、美しいお顔を形成します!

 ≪お子さんの美しい顔貌と健康への秘訣≫

1:安静時に唇が閉じている
2:鼻で呼吸をしている
3:休息時に舌は上あごについている

T4Kトレーナー・マイオブレイスについて

T4Kトレーナー・マイオブレイスとは

オーストラリアのマイオファンクショナルリサーチカンパニー(MRC)の代表であるDr. chris Farrellのよって開発された小児用の取り外し式の矯正装置で既成の筋機能矯正装置(機能的顎矯正装置)のひとつです。

口唇や舌など口の周りの筋肉の問題を解決しながら、軽度の叢生と上下顎の位置関係を改善します。成長に有害な口呼吸を改善し鼻呼吸を促すことにより歯や顎の成長・発育を正常化させて健全な歯列に誘導していきます。

シリコンでできた装置で破折や痛みが少ない装置です。
いわば子供の「マウスピース型矯正装置」ともいえるでしょう。

治療コンセプト「まず機能を治療し、歯の治療は最後に」というものです。

ブラケットを装着するいわゆる2期治療は行なわず、健全な永久歯列の完成をめざします。

● No Brace:ブレース(ブラケット)をつけず
● No Extraction:抜歯をしない
● No Retainer:保定装置を使用しない
● Better Face:良好な顔貌を獲得する

事を目標にします。

ほかにもムーシールド、マルチファミリー、プレオルソなども同様の部類、範疇に入ります。
T4Kトレーナーは日本、シンガポールのみの販売になり治療用装置はマイオブレイスに統一されつつあります。


写真はオーティカインターナショナルT4K TRAINERカタログより

T4Kトレーナーの働き

T4Kトレーナーはお口の周辺の筋肉の訓練を目的に作られています。
筋機能訓練をすることにより歯と顎の位置の改善が起こります。

① トゥースチャンネル・・前歯を整列させます
② タンタグ・・・・・・・舌を積極的に訓練します
③ タンガード・・・・・・舌を出すのを防止します
④ リップバンパー・・・・唇の筋肉の過剰な動きをおさえます
⑤ クラスT切端咬合・・・構成咬合位です
   (マイオブレイスでは咬合位が少し異なります)
⑥ 翼状型ベース・・・・・・正しい顎の成長を助けます。

T4Kトレーナー・マイオブレイスの長所

 顎や体の成長・発育に悪影響を与える口呼吸を改善して、筋機能を正常化させて理想的な咬合へ誘導します。
 悪習癖(低位舌、異常嚥下癖など)を改善するので矯正治療後の後戻りが少なくなります。
 着脱が可能です。
 家にいる時に使用します。

T4Kトレーナー・マイオブレイスの短所

 矯正治療を担当する歯科医の支持どおり装着しないと改善しません。
 子供まかせでは長続きせず、効果がでません。
 材質が合成樹脂なので吸水し長期の使用で臭いが気になる場合があります。
 不正咬合よっては適応が難しい場合があります。

T4Kトレーナー・マイオブレイスの適応症

十分な協力の得られる子供の患者様
口呼吸の原因が鼻疾患ではない事

 乳歯列期(2〜5歳)で歯と歯に隙間がない場合
 乳歯列が狭窄している場合(歯列が狭くなっている)
 乳歯列で上下のかみあわせが深い場合(過蓋咬合)
 乳歯列期、混合歯列期(3〜8歳)」の反対咬合
  混合歯列期(5〜8歳)で第1大臼歯の臼歯関係が良好な軽度の叢生
 混合歯列期(5〜8歳)で第1大臼歯の臼歯関係が良好な過蓋咬合
 混合歯列期(5〜8歳)で第1大臼歯の臼歯関係が良好な上顎前突
 混合歯列期(5〜8歳)で第1大臼歯の臼歯関係が良好な狭窄歯列弓
 混合歯列期(5〜8歳)で第1大臼歯の臼歯関係がやや不良な軽度の叢生
 混合歯列期(5〜8歳)で第1大臼歯の臼歯関係がやや不良な過蓋咬合
 混合歯列期(5〜8歳)で第1大臼歯の臼歯関係がやや不良な上顎前突
 混合歯列期(5〜8歳)で第1大臼歯の臼歯関係がやや不良な狭窄歯列弓

T4Kトレーナー・マイオブレイスの使用時期・期間

乳歯列期(2〜5歳)から使用できます。
永久歯に生え変わる子供の成長段階の混合歯列期(5〜8歳)に使用するのが効果的です。
すべての第一大臼歯と前歯の萌出の完了する時期、
上顎の(中切歯、側切歯)が生え変わる時期、
学年であれば小学2年ぐらいから治療を開始するのが良いと思われます。

T4Kトレーナー・マイオブレイスの使用法

T4Kトレーナー・マイオブレイスは毎日、日中の1時間以上(できるだけ長い時間)と就寝時(眠っている時)に使用します。

学校から帰宅後、宿題、読書、テレビを見ているとき、ゲームをしているときなどに使用します。
起きているときの使用は断続的に使用してもかまいません。
T4Kトレーナー・マイオブレイスを装着し継続するには、お母様、お父様、ご家族のご理解とご協力が必ず必要です。
お子様といっしょに治療をしている心構えが大切です。

T4Kトレーナー・マイオブレイスの併用装置(BWS)について

BWSとはFarrell Bent Wire Systemの略称でT4Kトレーナー・マイオブレイスと
組み合わせて使用する歯列弓・アーチの前方拡大を目的とした装置です。

舌のスペースを得るためにこの治療において必須のものです。

T4Kトレーナー・マイオブレイスの効果について

T4Kトレーナー・マイオブレイスの効果については

 下顎前歯の唇側(前方)への移動
 上顎前歯の唇舌側(前方・後方)への移動
 上下顎前歯の叢生(ガタガタ)、捻転、位置異常の改善
 上下顎歯列弓の側方への拡大
 口腔周囲の筋機能の改善
 口腔習癖の除去

などがあげられます。

治療の流れ

1:相談

患者様(子供)と保護者の方と十分にお話(懇談)をさせていただきます

2:資料採取

レントゲン撮影、口腔内写真撮影、顔面写真撮影、模型採取

3:診断

T4Kトレーナー・マイオブレイスについての十分な説明をいたします
T4Kトレーナー・マイオブレイスによる治療に
ご理解がいただけましたら治療を開始いたします

4:治療開始

治療開始と共に機能訓練も開始します
装着後1週間で診察
トレーナーの使用状況、機能訓練の状況を報告
機能訓練は2〜3週間に1度の来院となります

5:その後約1ヶ月毎に診察

トレーナーの使用状況をうかがい、機能訓練の状況をチェックします
ブラッシング指導
予防処置
口腔内写真撮影

 

T4Kトレーナー・マイオブレイスの治療費用

T4Kトレーナー・マイオブレイスを使用しての治療費用 … 220,000円
毎回の処置料 … 1,000円

 

無痛治療・痛くない治療
T4Kトレーナー・マイオブレイスについて
審美矯正について
久野歯科医院 特別コラム「矯正歯科治療は何故行うべきなのか?」〜矯正歯科治療をご検討されている方へ〜
サイトマップ

〒479-0863
愛知県常滑市西之口1丁目74

休診日:毎週木曜・日曜・祝祭日
駐車場10台分有り

アクセスマップ

ページ
最上部へ
TOP
PAGE
無料
メール
相談